⇒【ジャンル別】チャトレのおすすめ求人を紹介!

【チャトレの月収】ライブチャットレディの1ヵ月の収入はいくら?【年収でどのくらい稼げるの?】

「月いくら稼げるだろうか?」

”1時間あたり”の時給

それによる”1日あたり”の収入

それらを合計した、”ひと月あたり”のおおよその報酬額は
経験のない仕事を検討する際に、気になるポイントの1つだと思います。

仕事をするうえで、「給料」とは非常に重要な要素であり
そもそも、仕事とはお金を稼ぐためにする取り組むものでもあります。

始める前に、しっかりとこだわるべきポイントです。

それほど心配しなくても、「ライブチャットレディ」という仕事は
”ある程度”うまく取り組めば、「普通のOL」に比べ”対時間”で稼げる金額が多い仕事です。

そうは言っても、「実際にはどのくらい?」と気になる方もいるはずであり
ここでは”取り組み方”を考慮した際に、おおよそどの程度稼げるか?を解説していきます。

「条件」×「コンセプト」×「取り組み姿勢」

ライブチャットの仕事というのは、

  • その女性が持つ条件(年齢・ルックス・声質)
  • 希望としての条件(働ける時間の上限・時間帯)
  • スタンス(本業・副業・アルバイトパート感覚)
  • サイトのコンセプト(ノンアダルト・アダルト・熟女)

これらによって、稼げる額が大きく異なるものです。

例として、

かわいければ、とりあえずお客さんが寄って来る(アクセスが増える)

という現実があり、ルックスがいい女性はお客さんをつかまえる際にまず有利です。

一方で、”見た目だけ”では飽きられるのも早いことも現実です。

「話術」のレベルが高い方が「会話時間」が長いため、結果的に稼げることも多いのです。

様々な要素が絡みあって、最終的な給料が決まるのがライブチャットの仕事であり
通話時間ごとの報酬(分給)の合計が、最終的な給料になることがポイントになります。

以下は、「ノンアダルト」と「アダルト」のスタンス別に見た例になります。

ノンアダルトライブチャットの報酬例

まず、ノンアダルトジャンルの場合には・・・

  • 片手間で取り組んで5~10万円
  • うまくいって15~20万円
  • 週5である程度マジメに働いて20~30蔓延
  • 売れっ子で40~50万円

以上が目安になります。

(連続会話した際の時給)として、「4,200円」というサイトが多いです。

「1日で2~3万円(月70~80万ペース)稼げた」というケースもありますが、
毎日続くことは稀であり、実際には副業・片手間で取り組む女性が多いジャンルです。

それでも、頑張れば十分に「OL以上」は狙えますが
未経験者がノンアダルトジャンルで始める際の目標としては・・・

「1日7,000円×20日で月14万円」

このくらいを目標に、最初は取り組むことをおすすめします。

副業・アルバイトとしては、現実的・十分な額だと思われます。

「本業としてノンアダルト」で考えた際には、「月30万円以上」が目標になります。


アダルトライブチャットの報酬例

ノンアダルトよりも稼げることは間違いありませんが、”人によって”その差が大きくなります。

  • 片手間で取り組んで10万円
  • うまくいって30~50万円
  • 週5である程度マジメに働いて60~80万円
  • 売れっ子で100~200万円

以上が目安となり、本気で取り組むのであれば
「100万円おーばー」が、リアルな数字となってきます。

時給としては、「7,200円以上」を提示するサイトが多いです。

また、アダルトジャンルは「マルチチャット」と相性がよく
そうなると、報酬は劇的に増えることになります。(1人増えるごとに1.5倍が目安)

アダルトジャンルに取り組む”ハードル”は高く、また”覚悟”も必要です。

一方で、週2~3日の数時間働くだけで
サラリーマンと同じくらい、それ以上の収入が稼げることは珍しくありません。

「働ける時間が少ないけど、がっつり稼ぎたい」

という女性が多い傾向が見られます。

※現在はアダルト・ノンアダルト・年齢関係ない「ミックスサイト」が増えています。

毎月安定して稼ぐためには

冒険で解説した通り、チャットレディの報酬は”人によって非常に差がある”ものです。

実際に、チャット業界は”格差”がメチャクチャ大きい業界です。

年収で言えば、

  • ノンアダルトで「100~300万円」
  • アダルトで「400~1000万円」

という範囲になると思います。

かなり差が大きいですが、これは”片手間”と”本業”は関係ないことも多いです。

”うまくやっている”人は、短時間でメチャクチャ稼いでいます。

また、”社員”ではないため(「業務請負」という形態で仕事を受けます)
個人差がある中で、更にその人の中でも毎月稼げる額に波があることも事実です。

ちなみに、チャットサイトで働く際のおおまかな形態である

  • 在宅
  • 通勤
  • 直接契約
  • 代理店契約

といった各要素というのは、”結果的にはそれほど総額に影響しないもの”と言えます。

1分あたりの報酬や、報酬の割合を考えた際には

在宅>通勤

直接契約>代理店契約

となっており、合計額にすればやや差が出てしまうことになりますが
それよりも”1分でも長く”と考えて、取り組む方が結果的に稼げる金額は多くなります。

特に、生活費といったものが”かかっている”状況では

「できる限り、ある程度安定した額を、毎月稼ぎたい」

と思う方も少なくはないはずです。

そのため、働いていく中で「毎月一定額を稼ぐコツ」を見つけることも大切です。

「リピーター」が鍵になる

チャットレディの仕事で安定して稼ぐためには、

自分のできる最大のパフォーマンスをすること

という基本的なことに加えて、自分の都合に合わせて「稼げる時間帯」を見つけること
そして、特に「リピーター」を掴むことが大切になります。

キャバクラで言えば、「本指名客(お店に来る前から指名が決まっている)」であり
自分が待機している時に、アクセスしてきてくれるお客さんを大切にしましょう。

どちらにしても、最初からは難しいことですが
徐々に開拓していくことが、毎月・安定して・一定額を稼ぐコツです。

「その仕事(時間)でいくら稼げればいいのか?」

というのは、人によって差がありますが

  • 副業で5~10万円
  • アルバイトで15~20万円
  • 生活費を全て稼ぐための仕事で25~30万円

という額が、リアルな数字なのではないか?と思われます。

取り組むスタンスにもよりますが、どれも非常に現実です。

本業として取り組むなら、「年収400万」程度は目指したいものであり
コツをつかむことで、それほど難しくはないことになるはずです。

”悪くない仕事”には違いないはず

一般的には、「1,500円/時給」くらいが”高い時給”の目安と考えられます。

2,000円以上というのは、「薬剤師」や「ガールズバー」といった仕事に多い価格帯です。

4,000円以上であれば、「ちゃんとした接客を求められる夜のお店」が多いはずです。

チャットサイトというのは、基本的に”割がいい”と言えます。

アダルトチャットでは、「時給7,000円以上」であるため
それに比べれば、ノンアダルトチャットの時給4,000円は低いかもしれませんが
リスクがほとんどなく、これくらい稼げる仕事というのは貴重な存在と言えるはずです。

3時間以上話せれば、1万円以上稼げる計算です。

普通の派遣アルバイトであれば、1日(8時間)でも1万円稼げないこともある時代です。

はっきり言って、ライブチャットレディは「超おいしい仕事」です。