⇒【ジャンル別】チャトレのおすすめ求人を紹介!

【会話が下手なコミュ障だとダメ?】チャトレの仕事に向いている女性とは【見た目に自信がないけど大丈夫?】

どんな女性がチャットレディに向いているのだろうか?

と考えた際に、最も簡単な答えとしては・・・

「おしゃべり(好き)な人」

にぴったりな仕事であると言えます。

チャトレとは、普段の”何気ないおしゃべり”が”お金”に変わる仕事です。

実際に「自分がしゃべりたいこと」を”えんえん”と話し、それだけでも稼げることもあります。

一方で、”聞いているだけ”でも報酬が発生する仕事でもあります。

・話上手

・聞き上手

このどちらかであれば、またその両方ならぜひやってみることをおすすめします。

チャットレディの仕事というのは、<コミュニケーション>そのものです。

「話術」といったものに、自信があることに越したことはありませんが
何よりも、”無理なく”できる女性が本質的に向いている職業であると言えます。

おしゃべりが”苦手”でなければ問題ない

チャットレディのお仕事、特に「ライブチャット」のジャンルは
ここ数年で一気に広まった、「新しい仕事」と言えるものでもあります。

しかし、実はチャット(会話全般)のお仕事自体は
インターネットが普及し始めた後、続々とたくさんのサービスが生まれました。

「テキストデータ」のやりとりを楽しむ「メールレディ」は、
携帯電話の普及以前に、パソコン上でのメールソフトが普及し始めた時からあります。

また、”それ以前の時代”にも「テレフォンレディ」と呼ばれる仕事がありました。

これらの仕事は、その後の”技術”の進歩に伴って盛り上がって来たものなのです。

「会話(コミュニケーション」を軸にした仕事というのは、決してなくならないものです。

誰かと話が話がしたい

話を聞いて欲しい

寂しい

といった需要が、決してなくならないためです。

そして、それを埋める存在がチャットレディ(ガール)の仕事なのです。

しかしながら・・・・そう考えると余計に、

コミュニケーション能力にそれほど自信があるわけではない・・・

と、一歩踏み出せなくなってしまう方もいるかもしれません。

心配はいりません。

実際には、「人並の接客スキル」程度で問題ありません。

チャトレは立派な「接客業」の1つ

”人と話すのが好き”ということに加えて、「会話が得意」という女性は確かに理想的です。

”好き”と”得意”は、やや異なるものです。

たとえ好きでも、”下手”な場合もあります。

得意ということは、ある程度”上手”であるはずです。

それを”仕事”にするのであれば、やはり上手であることが必要です。

”おしゃべり好き”というのは、ある意味で”前提”に過ぎないのです。

チャットレディという存在は、「夜のお店」で働く女性と共通している点も多いです。

そういった舞台で働く女性とは、「接客(会話)のプロ」であり
そして、「プロ意識」が高い女性にお客さんが集まるものです。

お金を貰っているからには、相手を楽しませることが必要であり
相手が求めている反応をすして、つまり相手が求めている女性になることが必要です。

もちろん、接客業の経験、特に「キャバクラ」や「ガールズバー」といった
「”対男性”の接客業の経験」が、プラスになることは間違いありません。

会話がうまいということは、確かに人気・報酬につながる要素です。

素人っぽい”のがウケることも

一方で、チャットサイトのユーザーは”素人感”を求めている場合も多いです。

「ふつう」だからこそ、”プロっぽくない”からこそウケることも多いです。

とは言え、始める前から難しく考える必要はありません。

極端に”しどろもどろ”でなければ、すぐに採用されます。

仮登録後に身元が確認できれば、採用率は”ほぼ100%”です。

見た目はもちろん、「会話が下手そうだな」ということで落とされることはありません。

実際にデビューしてから、経験を積んでいけばいいのです。

ということは、”真面目であること”がある程度は必要であるということです。

最初につまづいてしまっても、根気強く続けられること。

反省し、修正し、工夫を続けられること。

そもそも、最初からうまくいく仕事はありません。

いくら自信があったとしても、最初はぎこちなくなってしまうものです。

特に、当サイトをご覧の方は「これから始めよう!」という方が多いと思われます。

まずは、経験を積むことが大切です。

”やる気”さえあれば、なんとかなります。

また「プロの接客」というのは、「話がうまい」といったことだけでに限りません。

相槌を打つことも、接客術の1つです。

ひたすら一方的に喋るお客さんの話を、ひたすら笑顔で聞き続ける。

こういったことも、立派な接客と言えるのです。

特に、ライブチャットを利用する男性というのは
”俺の話を聞いて欲しい”という男性が、多い傾向が見られます。

話を作るより、<話を合わせる>というスキルが求められるケースが多いのです。

もちろん、ただ話を聞いているよりも<適度に意見をする>ことで
チャット時間を引きのばすことができ、またお客さんとも打ち解けることができます。

「俺の話をちゃんと聞いてくれる女性」として、リピーターになってくれるかもしれません。

そこまでできれば、もうすでに一流です。

「接客態度」が評価されるのは実は意外と貴重な職業

チャトレの仕事は、「お金になったら得だな~」くらいの”気楽さ”が大事でもあります。

「客商売」と呼ばれる全ての職業では、基本的に接客が上手な女性が求められています。

また世の中の仕事のほとんどに、何らかのかたちで人と接する機会があるはずです。

しかしながら、接客が上手いからといって給料に反映されるのは
営業職(結果的に契約が取れれば)といった、歩合制の仕事に限れてしまうものです。

人とコミュニケーションをとるのがうまいというのは、十分に特別な技能です。

一方で、一般的な会社・職業では金銭的な面で評価されることは少ないことが現実なのです。

ライブチャットサイトというのは、そういった能力が評価される数少ない機会です。

接客スキルが、報酬に反映されます。

  • キャバクラやガールズバーで働きたいけど・・・なんか怖い
  • クラブやラウンジは敷居が高い・・・自分には無理そう

そういった方であっても、比較的簡単に始めることができるはずです。

また、接客業は好きだったけど・・・

  • 面と向かった接客
  • お触り
  • ストーカー

そういったことで、ナイトワークを辞めてしまった女性も
チャットであれば物理的な接触もなく、あくまで”サーバー上”のお付き合いになります。

物理的に面と向かっていないため、お客さんに”おさわり”といった不快な目的もありません。

また結婚・妊娠を機に引退した女性も、パート感覚で復帰しやすい仕事です。

自分の時間ができた、少しへそくりを稼ぎたい、といった方にぜひおすすめです。

チャットサイト自体は、基本的に誰でも登録することができます。

また、”登録しておくだけ”でも問題ありません。

【稼ぎやすいチャトレの事務所】これからチャットレディの仕事を始める女性が登録すべき2つのおすすめ代理店

もちろん”マメ”な人が稼げるのは当たり前

どんな仕事にも言えることであり、特に接客業に言えることですが
細かい部分がケアできる人に人気が集まり、その積み重ねが大きなお金になります。

チャットサイトの多くが、サイト上でユーザーと連絡し合えるシステムがあり
その機能を利用して、<営業>や「予約」といったものをすることもできます。

直接のやりとりは禁止されており、”サイト経由で”ということになりますが
その機会を活かせること、そのやりとりがうまくなることが、稼ぐ秘訣でもあります。

チャットが終わった後の「お礼」はもちろん、何気ないアクションが男性は嬉しいものです。

そういったことを真面目に、しっかりとできる女性がやはり人気を集めるものです。

また、特に「メールレディ」の仕事を掛け持ちするのであれば余計に”マメさ”が必要です。

基本的には、「やりとり(送受信)の数」で報酬が決まるものであり
送る(受信させる)こと、そして遅らせること、その両方のコツをつかむこと
そのためには、やはり「回数」をこなせることが大切になります。

【一番安全なチャトレはメルレ】メールレディのおすすめ求人サイト【最初から稼ぎやすいジャンル】

チャトレの仕事で稼ぎながら苦手を克服することも

逆に、どんな性格だと”チャットレディに向いていない”のかと言えば・・・

人間嫌い

コミュ障

簡単に言えば、これらに該当する女性でになりますが
考え方によっては、これらを克服するためにもチャットレディは最適な仕事です。

チャットという仕事を利用して、苦手なことを矯正するのです。

その過程でお金を稼げるのであれば、非常にラッキーであるとも言えます。

実際に、対人関係が苦手”なのに”チャットレディの仕事をしている女性も珍しくはありません。

それぞれに個人的な、複雑な事情はあるはずですが

  • 対人そのものが苦手
  • 目の前の人と接するのが苦手

といった、2つの状況に分かれることになることが多いです。

そういった人にとっても、「目の前にいるわけではない」という事実は安心材料です。

  • 物理的な接触(おさわり/暴力)
  • ストーカー

といった”男対女”の関係にありがちな(特に接客業につきもの)
「恐怖感」につながってしまう要素を、最初から心配する必要はありません。

上記したようなトラブルが素で、「キャバクラはダメだった・・・」という場合も
”本当は接客業が好き”という人は、チャトレを始めてもみてもいいのではないでしょうか?

”向き不向き”がありそうに思えるお仕事ですが、始めてみないことには分からないものです。

そしてやる気さえあれば、誰にでも選択肢が用意されています。

会話に自信がない場合でも、「チャットサイト」や「お金」にこだわるのであれば
「アダルトチャット」という選択肢もあり、おしゃべり以外の要素で活躍する例もあります。

【本当にたくさん稼げる?】アダルトライブチャットのチャトレの仕事内容と報酬【危なくないの?】

チャトレはかわいくなくても大丈夫!

チャトレの「登録(採用)」は、基本的に”全採用”です。

「チャットの仕事がしたい」

という気持ちがあれば、基本的には全ての女性(18歳以上)にチャンスがあります。

”働くこと”にはルックスは関係なく、何も心配する必要はありません。

そもそも、かわいい・かわいくないといったことは”極めて個人的な価値観”であり
見ている方(男性目線)に関しても、”好み”というのは人ぞれぞれ異なるものです。

「痩せたい」というのが口癖の人が、それほど太っていない

自分の容姿に自信がない(自分では納得できない)女性でもそれほど”悪くない”

そんなことも多いです。

一方で、「客観的に見てもちょっと・・・」と自覚し悩んでいる人もいます。

女性は「見た目」によって優劣が付けらてしまうことが、現実でもあります。

(基本的には)かわいい(綺麗な)女性に男性は惹かれるものであり、
特に接客サービス業においては、その傾向が顕著だと言えます。

しかしながら”見た目が全て”とは言えないことが、”チャット”の特徴・魅力でもあります。

”かわいいから人気(稼げる)”とは限らないのがチャトレの世界

実際に、チャトレの女性達全てが美人(かわいい)ばかりでもありません。

「かわいい」と「かわいくない」の割合は、世の中とそれほど変わらない?ような・・・。

もちろん、”人に見られる仕事”であり「身だしなみ」や「メイク」はしっかりしています。
(これは接客業であれば、誰もが意識するべき要素になります。)

そもそも、ライブチャットサイトに訪れる男性が求めているものは”おしゃべり”です。

「かわいい子とおしゃべりしたい!」という男性は多いですが、
「かわいければいい」という男性は、それほど多くありません。

”かわいい子を見たいだけ”であれば、わざわざチャットサイトに来る必要はないのです。

ライブチャットサイトにおける優先順位は、間違いなく「トーク力」であると言えます。

”かわいくておしゃべりが面白い”のであれば最高ですが、両方揃っている女性は実際に稀です。

  • かわいいけどおしゃべりが得意ではない(面白くない・続かない等)
  • かわいくないけどおしゃべりがうまい

どちらかに当てはまることが多いことが現実なのです・・・

そして、どちらが人気があるか(稼げるのか)?と言えば
「かわいくないけどおしゃべりが上手い方」ということが多いことが事実です。

最後はやはり”チャット”なのです。

”相手に合わせることができる”ことが何よりも大切な仕事

とは言っても、

「お笑い芸人みたいなおもしろさ」を手に入れる必要はありません。

大切なことは、”相手に合わせること”です。

  • お客さんが話したいこと
  • お客さんが興味のあること
  • お客さんが愉快に(気持ちよくなる)反応

結局は、「お客さんが求めているもの(時間)」を提供することが
チャットレディの仕事であり、それを見つける・探る・実践することが求められます。

これはチャットレディ(ガール)として働いていくうえでの、「鉄則」と言えるものです。

お客さんは、おしゃべりで楽しくなりたくてチャットサイトを利用します。

”楽しければいい”のです。

ライブチャットは視覚的な要素が大きいため、男女共に”見た目に目が行く”ことは確かです。

しかし、勘違いしてはいけません。

本質は、「会話の時間(中身)」です。

効率的に稼ぐために大切な、リピーター(指名)を獲得するためには
見た目だけでなく、やはり「楽しかった」という気持ちにされることが必要です。

「また会いたい」と思わせることが、チャットレディのしての成功なのです。

「また見たい」では、リピートに限りがあるものです。

「美人は3日で飽きる」とは言いますが、見た目に頼っているチャットレディは
リピーターを獲得することが苦手な傾向にあり、”意外な子”に常連が多いものです。

意外と、”見た目より中身”な仕事なのです。

そもそも「見た目の好み」は人それぞれである

全ての男性が、大きなバストが好きなわけではありません。

全ての男性が、痩せている女性が好きなわけではありません。

例として相応しくないかもしれませんが・・・
「50歳以上の女性がいい!」という男性は、女性が思っているよりもはるかに多いのです。

チャットの仕事していると、そういった「発見」もあります。

冒頭で述べましたが、”好み”とは非常に個人的なものです。

あらゆる容姿・性格、その組み合わせに需要があります。(フェチと言われることも)

繰り返しになりますが、

「かわいくないから、チャットレディにはなれない・・・」

そんなことはありません。

それはただ”自信がないだけ”に過ぎず、”始められない理由”にはなりません。

また、「人に見られると綺麗になる」ということも事実であり
自分に自信を持つことによって”あかぬける”という現象が、接客業には付き物です。

できる限りの努力はちゃんとしよう

体の造形に関して言えば、現実として”かえられるところとそうでないところ”があります。

”太り過ぎている”といったことは、自分の怠慢(サボり)です。

努力でなんとかできるものに関しては、最低限は努力していきましょう。

そしてそれは、”チャットの仕事を始めてから”でもいいはずであり
「人に見られるから、ちゃんとしよう」という動機は、一番効果のあるものの1つです。

そう考えると、

「綺麗になるためにライブチャット(接客業)を始める」

ということも、なかなか有意義なことと言えるはずです。