⇒【ジャンル別】チャトレのおすすめ求人を紹介!

【安全に働く秘訣】チャトレはリスクのある危険な仕事?-身バレの可能性はどのくらいあるのか-

チャットレディの仕事に興味があるけど・・・一歩踏み出せない・・・

その理由の1つとして、

「危険な(怪しい)仕事なんじゃないか?」

といった、「不安」を抱いてしまうことが挙げられます。

実際に働こうか迷っている時には、より気になってしまうものです。

チャットレディの仕事は、他の一般的な仕事とは”ちょっと違う”ことは確かです。

「接客サービス業」の1つと言える職業ですが、今までは珍しかったジャンルであること
また、いわゆる「キャバクラ」や「スナック」等と似た要素を含むことも事実です。

そしてこれらの仕事には、”普通の仕事よりも稼げる”というメリットがある一方で
それなりの大変さ、そして「リスク」といったものも他の仕事より多いと言えます。

チャットレディの仕事を始めるにあたっては、どんなリスクがあるのか?
またどう避けるべきなのか?ということを、知っておく・準備しておくことが必要です。

とは言っても、

基本的には、「人と直接会わずにできる仕事」であり
ある意味では、一般的な接客業に比べて”圧倒的にリスク要素が低い”とも考えられます。

そもそも、ネット・ITがそれほど一般的ではない時代に
チャットサイトを利用する人というのは、いわゆる”マニア”というような人でした。

そういったこともあり、「ディープな世界」という印象もあったことは確かです。

しかしながら現在は、ネット環境が非常に一般的なものとなっており
チャットサイトを、”自宅で楽しめるキャバクラ感覚”で利用している人が多いのです。

過剰に心配する必要はありませんが、知識として身に着けておきましょう。

”対面式”に比べて「嫌な思い」をするリスクは非常に低い

ライブチャットサイトで、チャットレディとして働くことは
キャバクラやスナックといった、「夜のお店」で働くよりもはるかに安全です。

ライブチャットサイトに登録している女性の中から、
「指名」されることによって、「会ったことのない人」とお話することは
キャバクラや、ガールズバーと近いコンセプトであることは事実です。

ただし、これらの仕事と最も異なる点は”物理的な接触がない”ということです。

そのため、

  • おさわり
  • 同伴
  • アフター
  • それらに無理強い

こういった事態を心配する必要がありません。

キャバクラといった接客業とは、似ているコンセプトでありながら内容は異なります。

  • キャバクラで働くのは抵抗がある
  • キャバクラで働くのが嫌になってしまった

という女性というのはは、上記したようなトラブルが理由であることが多いものです。

そういった心配がないことから、ライブチャットサイトに移行している女性もいます。

  • 面と向かって話すのは苦手
  • ”おさわり”といったことは絶対に嫌だ

という女性からも、選ばれる理由でもあります。

また同僚・スタッフからのいじめ・・・いびり・・・といったことも心配無用です。

通勤チャットレディとして、チャットルームに通って仕事をする際も
基本的には「個人の部屋」を演出しているため、他人が関わる余地はありません。

仲良くするのもいいことですが、仕事場では”ドライ”な対応の方がトラブルは少ないものです。

「暴言」に関しては、”会話”が主体となるために完全に無くすことはできませんが
「肉体的な接触」という、女性にとって最大のリスクは心配する必要は全くありません。

  • キャバクラは怖いけど・・・おしゃべりは得意
  • 面と向かっては嫌だけど・・・画面越しなら

という女性こそ、ライブチャットサイトに登録するべきです。

油断さえしなければ「ストカー」のリスクはない

男性を相手にした接客業において、「深刻なトラブル」の中に「ストーカー」があります。

非常に典型的なものであり、分かり切ったリスクでもありますが
いざ自分がされることになたった場合に、精神的なストレスが非常に大きなものです。

ただしこれに関しても、<後を付けられる>というリスクがないため
住所の特定による嫌がれせや、監視といったことはありえません。

一方で、「100%ない」とは言い切れません。

”油断”をしてしまったことで、住所特定のリスクが発生することも考えられるためです。

<身分証明書をさらす>といったことをする人は、ほぼ絶対にいないはずですが・・・

  • 窓から見える外の様子を写す
  • 「行きつけのお店」の話をする
  • 生活範囲の駅名や通り名を漏らしてしまう

こういったことで、住所特定につながることは十分に考えられます。

いくら親しくなっても、いくらしつこくても教えないこと。

決して油断をしないことが大切です。

個人情報の流出

チャットレディになるためには、募集サイト・求人ページで登録する必要がありますが
その際に「内容が漏れるのでは?」と、心配してしまう女性もいると思われます。

この情報流出のリスクというのは、他の仕事・アルバイトとそれほど変わりません。

どんな仕事であれ、現代においてはネット上でのエントリーが一般的であり
どんなサイトから登録しようが、どの会社で働こうが、常にリスクは存在するものです。

ライブチャットサイトだからと言って、特別のリスク高いというわけではありません。

特に「大きなサイト」は、より対策がしっかりしていいます。

気になる「身バレ」のリスク

ストーカー問題とも無関係とは言えず、ライブチャットの仕事をしようか迷っている
多くの方が最も気になっているものが・・・「身バレ」に関するものと思われます。

まず、”その可能性は極めて低い”と言えます。

基本的には、”探そうとしなければ見つけられない”ものです。

気になる女性がいたとして、”職場”を探すためにチャットサイトを探す男性はいません。

また、もし探そうとしたとしても「所属しているサイト」を見つけることから難しいです。

「チャトレをしている」ということを知られなければ、リスクはほぼ無いものと言えます。

ただし、

「偶然にもライブチャットで遊んでいたら知り合いの女性を見つけてしまった」

ということも考えられ、多くの方が心配しているケースはこちらと思われます。

「知っている人に見られる」という事態は、100%避ける方法はありません。

ただし、これに関しても”超偶然”が重なることが必要です。

バレてしまう理由としては、”偶然見つかる”というケースが90%です。

「偶然知り合いがチャットレディサイトを見ていた」というものであり、
それも自分が登録しているサイトに、自分が待機している時間に、という場合です。

あの人がどんな仕事をしているのか

念のためにチャットサイトを探してみよう

というケースは、まずないはずです。

「Facebook」といったSNSよりかは、偶然に見つかる確率は低いと言えます。

それは「ネットの海」では、顔と名前が一致しなければ見つけられないためです。

それでも見つかってしまうケースというのは、全くないわけではありませんが・・・

正直言って、これは「運」です。

そもそも「ノンアダルト」であれば、バレた際のリスクもそれほど高くなく
現代においては、「メイドカフェ」で働いていることとそれほど差がないことです。

とは言っても、

やはり、「内緒で働きたい」という女性が多いのは事実であり
できる限り身バレしないで働くために、”そのためにできること”も知っておきましょう。

身バレを予防するためにできること

あらゆるリスクは、<できる限り低くする>しかありません。

「偶然」に関しては、完全に避けることはできませんが
<工夫>をすることで、少しでも可能性を減らすことはできます。

こと身バレの問題に関しては、「プロフィール」をいじることが最も単純で効果的です。

ライブチャットサイトで働く際には、いわゆる「源氏名」を使うことができます。

また「出身地」といったものも、ごまかせるならごまかすしましょう。
(嘘は、一般的に「バレても怒られない程度」に抑えることも大切ですが・・・)

これによって探される・疑われるという、身バレのリスクは少し減ります。

また「顔出し」の有無に関しても、身バレのリスクに大きく関わる要素です。

ただし、顔出ししないことで”選んでもらう可能性”を下げてしまうことも事実です。

また、特に「ノンアダルト」では顔出しが条件のサイトも多いです。

逆に「アダルト」であれば”マスク着用可”のサイトが多く、
それを理由に、アダルトチャットから始める方もいます。

このパフォーマンスやリスクに関する判断は、”その人の価値観”としか言えないものですが
自分で加減を決めることができることも、ライブチャットの魅力でもあります。

身バレの心配をする女性が多いことは、サイトを運営している会社も理解しています。

また身バレ以外の悩みや不安に関しても、相談しやすい環境を整えてられており
当然のことながら、そういったサイトに女性が集まり・定着するものです。

そういったことからも、やはり大手サイトに登録することが正解であると言えます。

”顔出し無しでも出演OK”になった完全ノンアダルトサイト「ライブでゴーゴー」の解説

できる限りのリスクコントロールはしておく

「ちょっと怪しい・・・」といった印象のあったチャット業界も、
どんどん身近なものになって来たことで、あわゆる意味で抵抗が少なくなっています。

そしてだからこそ、気を抜いて仕事をしてしまいがち、油断してしまいがちです。

リスクは確実に存在するものであり、避けられないことがあることも事実ですが
”自分次第”の面も大きく、リスクコントロールをしっかり身に付けることが重要です。

特にここまで解説してきたリスクというのは、”客商売”には避けられないものも多く
”そうなった時にどうするか”といううことを、常に準備しておくことが必要なのです。

一番多いのは「家族にバレることによるトラブル」

ついつい、「知っている人にバレるかも」ということばかり考える人は多いです。

しかしながら、一番”もめる”ケースというのは・・・実は「家族バレ」です。

「同棲しているパートナー」に関しても、同じです。

特に「内緒でへそくりを貯めようとしている主婦」に多いようです。

これは、「しっかりと対策してください」としか言えません・・・

もちろん、「家族(パートナー)に了承してもらって働く」ということがベストであり
内緒で働く場合よりも働きやすい分、より稼ぎやすいと言えます。

しかしながら、「バレずにやっていきたい」という人は少なくありません。

その際には、「バレた時の言い訳」や「堂々と働く準備」を用意しておくことも必要です。

ちなみに・・・

「自宅でできるテレオペのパート」という言い訳がおすすめです。

不安があるからこそ”とりあえず大手”にしておく

あらゆるリスクを考えた際、基本的な鉄則として”大手サイトを選ぶ”ことが挙げられます。

ある程度規模がある会社が運営するサイトが、最終的に生き残る傾向があります。

それは「女性が働きやすい」ということが、理由でもあります。

「働く側」のことをより考えているのも、やはり大きなサイトである傾向があります。

そういった会社・サイトというのは、「ルール」が厳しく窮屈な面もあるかもしれません。

しかし、だからこそ安全が保たれているのです。

また「利用側」に対しても、大手サイトがおすすめであり
実際にライブチャットサイトで遊ぶ男性は、やはり大規模なサイトを選びます。

チャットレディが働きやすい

だからユーザーが楽しめる

という、いい条件が自然に作られていくのです。

チャトレと法律

チャットレディの仕事は、それ自体は法律的にも問題のないものです。

昨今、”チャットサイト”というキーワードが関わる事件が
ニュースになることも多く、心配している人もいるかもしれません。

普通に働いているだけでは、逮捕などされることはありません。

ただし、もちろん<法律違反>をすれば逮捕される危険性があります。

まず、チャットサイトに関する法律的なトラブルには

  1. チャットレディ自体が関係しているケース
  2. 仕事の内容は関係ないケース

この2つがあります。

チャトレの女性によるルール違反

チャットレディが法律に違反してしまうケースとして、
もっとも分かりやすい例が、「見せてはいけいないもの」を見せてしまうことです。

これは一般常識的なものであり、「性器の露出」といったことはNGです。

当然のことながら、サイトルールでも禁止されているものであり
法律としても”わいせつ”に該当することは、言うまでもあります。

サイトのジャンルやコンセプトによって、

「どこまで見せていいのか?」

はというサイト内のルールは異なります。

下着はいいのか、バストの露出の範囲はどこまでセーフか
ちょっとしたアピールもアウトになる、とサイトによって決まりがあります。

ただし”法律違反”は、いかなる場合も”アウト”です。

一方で、チャットレディのパフォーマンスに関する”摘発”は
”それができてしまう環境”か否か、ということが重要になります。

チャットサイトには、”ゆるい”サイトとそうでないサイトがあります。

厳重に管理されているサイトであれば、その前(ヤバい時)に”ストップ”がかかります。

それがないサイトだと、女性が”調子に乗ってしまった”時に危ないのです。

もちろん、何よりも<自分の振る舞い>が問題なのは言うまでもありません。

「むしゃくしゃしていて全部脱いでしまった」といったことがないように・・・

窮屈に感じることもあるかもしれませんが、しっかり管理されたサイトの方が安心なのです。

実際にはチャトレとは関係がないことも多い

チャットサイトが関わる事件では、実はチャット自体は関係のないものも多いです。

それは「税金」や、「雇用」に関するものが典型的です。

分かりやすい例では、「脱税」といったものです。

その額の大きさに、驚くことも多いと思います。

また男性が複数の女性を管理して、正規ルートではない条件で出演させていたり
最も問題となるのは、「未成年」といった明らかな違反です。

儲かりやすい仕事というのは、そういった事件が起こりやすいものです。

真面目にやっている人が迷惑してしまうのは、何とも悲しいですが現実です。

「自分だけは守る」という、強い気持ちを持つしかありません。

こういった事件が起きることで、
「それだけチャットは儲かる!」と知ってしまい
同じことをする人が増えてしまうという弊害があります。

ぜひ、チャット中以外もルールを守ってお金を稼いでください。

安全に稼ぐ基本的な環境は用意されている

チャットレディの仕事というのは、実は歴史があるものでもあります。

その分、チャットレディの仕事に対して”怪しい”や”危険”といった
マイナスな印象を持っている人も、もしかしたらいるかもしれません。

確かに、かつては”ちょっといかがわしい”イメージがあった業界であることも事実です。

しかしながら、時代は変わりました。

現在では、チャットサイトの利用は”まっとうな娯楽”の1つです。

男女共に、抵抗を持っている人は少なくなったことは事実です。

”ライブチャット”の登場によって、昨今急激に注目されたことで
チャットサイトのユーザー、チャットレディに興味を持つ女性も増えてきました。

新しいようで、新しくはないけど、まだまだ情報も少ないことで戸惑う人もいます。

「嫌なお客さん」に当たってしまうことや、嫌な言葉を受けることもないとは言えません。

「接客業」という仕事上、ある程度は仕方ないことも多く
人とかかわる仕事には必ず付き物であり、うまく”かわす”ということも必要です。

だからこそ、”精神的にも””いかに自分が働きやすい環境を作ることが大切なのです。

とはいえ、ひと昔前に比べれば圧倒的に条件も環境も整っています。

せっかく興味があるのに、始めてみないというのは非常にもったいない仕事です。

チャットレディの仕事は”話した分だけ”稼げる仕事であり、誰でも挑戦することができます。

今始めることができるのは、非常にラッキーです。

ぜひ、安心し納得してから応募してみて欲しいと思います。

結論から言えば、「そんなに心配する必要はない」というお仕事なのです。